朝起きて頭痛がひどいとき。

長期的な頭痛は要注意。

頭痛は生活をしていく上で大きな悩みになってしまうことも多い症状の1つです。

偏頭痛などはその代表的な例であると言えるでしょう。

しかし頭痛にも種類があり、症状によっては非常に大きな病気になっている場合もあります。

ただが頭痛と甘く見てしまわず、あまりにも長期的に続く、激痛が発生してしまうような場合にはしっかりと精密検査を受けてみる必要があります。

朝起きた時に頭痛がするという場合、それは脳腫瘍などの病気が隠れている場合があります。

ただ、必ずしも朝起きた時の頭痛が、脳腫瘍につながるということではありません。

睡眠不足であったり、体調によっては朝起きた場合に痛みが出てくることはあるでしょう。

寝不足などであると頭痛が置きやすくなる人もいるため、少し注意が必要です。

放置はせずに検査を受けておくこと。

頭痛の程度、状態を把握していく際に非常に重要になってくるのが、頭痛ではない症状です。

例えば、めまいがするということや、ものが二重に見える、痺れがあるなどの症状などが代表的なものになります。

めまいである場合、脳ではなく三半規管などが影響している場合がありますが、痺れや麻痺などが頭痛と一緒に出てくる場合には、脳に何かしらの影響が出てきている可能性が高いと言えるでしょう。

あまり大きな頭痛でなくても、しっかりと検査を受けていくべきであると言えます。(ただ、しびれの場合、骨や関節によるしびれはまた話が違ってきます。

そのような場合には脳ではなく骨や、関節の状態によって神経が刺激されている状況であると言えるでしょう。脳に特に異常がない場合も当然多いと言えます)

どうしても頭痛がつらいという場合はしっかりと医師に診てもらうことが大切です。

偏頭痛のようになっていたとしても、適切に処置をしてもらうことで症状を緩和させていける可能性はあると言えるでしょう。

頭痛発症時は無理せずゆっくり動く。

寝起きというのは、血圧の変化が激しいこともあり、突然起き上がるとそれによってめまいを感じてしまったりするものです。

そのためそのようなことが考えられる場合には、ゆっくり起き上がるなどの対応をしておくと良いでしょう。

頭痛が出てきた時、無理に動くようなことはせず、安静にしていたほうが良いこともありますが、あまりにも激しい場合には、救急車などの手段も考えておく必要があります。

無理をして意識を失ってしまうようなことがあると、一人暮らしなどの場合非常に危険な状態になってしまうでしょう。

そのような状態になってしまわないように注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ