頭痛時の運動は控えたほうがよい

場合によっては運動も可!

頭痛が出てくる場合には、基本的には安静にしておいたほうが良いものですが、時と場合によっては運動をしたほうが症状が軽くなってくる場合もあります。

ですが、これは自己判断がなかなかできない場合が多いので、基本的には安静にしておき、それでも良くならなかったら医師に診てもらい、そしてそこで運動をしたほうが良いと判断された場合には、頭痛があっても運動をしていくという判断をしたほうが良いでしょう。

これが一番確実であり、下手に対処をして症状を大きくしてしまうリスクを低めていくことができると言えます。

頭痛を抱えている場合に運動をしようと思えない場合もあると言えます。

そのような場合には当然無理せず、体を休めていくのが良いでしょう。

非常に軽い症状などであると、休むまでもないということで体を動かしていくこともあるかもしれません。

その場合、症状が軽くなっていく(体を動かすことで、症状が気にならなくなる)こともあると言えるでしょう。

ただ、逆に症状が大きくなってしまう場合もあるため、無理はしてはいけません。

ストレスや運動不足によって頭痛が出てきている場合には、リフレッシュをすることで頭痛をあまり感じなくなることもありますが、病気がある場合には、症状が大きくなることもあります。(吐き気などを感じる場合には、安静が基本となるでしょう)

安静にしていればいいってもんでもない。

寝ていても、運動をしていても頭痛がある。

安静にしていれば頭痛を感じなくなるという場合、まだ良いのですが、安静にしていてもどんどん頭痛が大きくなってしまう場合、どうすれば良いのかわからなくなってしまうでしょう。

安静にしていれば、それで体の調子というのは整ってくることが多いのですが、そうではない場合もあります。

そのため、安静にしていても改善しないからと言って、無理に運動をしてしまうのではなく(勝手な判断で行なってはいけないということであり、専門家の指導のもとで行なうことは大きな問題はないと言えます)、必ず専門家に相談をすることをオススメします。

長期的になればなるほど、頭痛による悩みは大きくなり、厳しい状況になってしまうと言えます。

慢性的な頭痛になってしまうと、頭痛が出てきたときに「またか…」と思ってしまうだけで、何か特別な行動を起こそうと思わなくなってしまうこともあります。

特に大きな問題がない頭痛であればそれでも良いのですが、大きな問題がある場合には、その対処方法では不十分であると言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ